2019年08月14日

クラウディオ・シルヴェストリンの建築U

前回に引き続き「クラウディオ・シルヴェストリンの建築U」として、2016年以降の建築を紹介します。

2016年に、イギリス、ロンドンに「キャノンレーンハウス」が完成した。

キャノンレーンハウス1.jpg

この建物は、800uの広さを持つ5階建ての邸宅で、建て物には、はめ込みのガレージと屋内プール・スパがあり、160uの庭園がある。狭い路地の通りから見えるこの家は、レンガ造で、ガラス窓で構成された外観を持ち、表向きは静かで控えめな外観であるが、中庭に面した外観は、優雅さを持ったたたずまいになっている。

キャノンレーンハウス6.jpg

中庭に面した外観構成は、スラブまで届く大きな窓によって内部空間は、開放的な空間になっている。

キャノンレーンハウス7.jpg

ここで用いられた素材は、酸化された真鍮、青銅、オーク、およびイタリアのドロマイトから斑岩石等であり、自然で素朴な素材を室内全体に使用されている。

2017年は、イタリアのセッティモトリネーゼに「トリノアウトレットビレッジ」が完成した。

TOV.jpg

「トリノアウトレットビレッジ」は、32,000uのストリートレベルのショッピングモールで、中央部分には高さ88mのオベリスクのシンボルがそびえたっており、彼曰く「天と地の架け橋」を象徴していて、アウトレットへの中央入り口を示している。

TOV図面.jpg
上記図面は、南面と北面の立面図で、これから分かるように東西に長く伸びている。この建物はショッピングプロムナードになっており、その長さは290 mもある。このプロムナードの天井の高さは最大で6 mもある。この建物の断定的な水平性は、視覚的にモダンであるだけでなく、構成的にもプロポーション的にもクラシックでエレガントさ醸し出している。

TOV3.jpg

この建物は、古代の自然素材である天然石と石灰石膏で覆われていて、無限に伸びるアーケードによって挟まれ、木々の規則的なトレイルでデザインされている。

今回は、「クラウディオ・シルヴェストリン」他を参考に紹介しました。

☆参考

posted by 墨水 at 18:03| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: