2019年01月15日

アルヴァ・アールトの建築T

「アルヴァ・アールト」は、20世紀を代表する世界的な建築家のひとりである。
1898年に、フィンランド大公国クオルタネに生まれ、1903年にユヴァスキュラに移り少年時代を過ごした。その後、アラヤルヴィに移り住み、1916年に「ヘルシンキ工科大学」において「アルマス・リンドグレン」の下で建築を学んだ。
1921年卒業後、スウェーデンに渡り、「アルヴィート・ビヤルケ」の事務所で働き、1922年にユヴァスキュラの近くに建つ教会を設計した。
1923年に、ユヴァスキュラに仕事を得たために戻り、設計事務所を開設した。本名「フーゴ・ヘンリク・アールト」とであったが、フィンランド建築家リストのトップに来るように「アルヴァ・アールト」とした。

1923年に、フィンランド、カウハヤルヴィに小さな教会「ベルタワー」が完成した。

bell_tower.jpg

彼が、この鐘楼「ベルタワー」を設計するときに教会本体も設計したが、古い教会をそのまま使用することで計画は無くなった。彼の死後、教会は焼失して、他の建築家によって教会は建てられた。

1925年に、フィンランド、ユヴァスキュラに「労働者会館」が完成した。

労働者会館2.jpg

彼の最初の公共建築物であり、新古典主義に基づく作風の建物である。

1925年に、フィンランド、セイナヨキに「自衛団ビル」が完成した。

自衛団ビル2.jpg

この建物も新古典主義に基づいたデザインで、シンメトリーで中央の入口の高さが際立っている。

1929年に、フィンランド、ムーラメに「ムーラメ教会」が完成した。

ムーラメ教会.jpg

「ムーラメ教会」は、修道院のようなシンプルな建物であるが、まだ新古典主義的な作品の建物である。

1929年に、フィンランド、ユヴァスキュラに「自衛団ビル」が完成した。

ユヴァスキュラ自警団ビル2.jpg

ユヴァスキュラの「自衛団ビル」は、セイナヨキの「自衛団ビル」よりもよりシンプルな建物に仕上がっているが、新古典主義からまだ抜きでていない。

1930年に、フィンランド、トゥルクに「トゥルン・サノマト新聞社」が完成した。

トゥルンサルマト新聞社.jpg

「トゥルン・サノマ新聞社」は、本社と、印刷工場として建てられた。通りに面したファサードは、屋上庭園・自由なファサード・横長の連続窓・そしてピロティと「ル・コルビュジェ」の提唱した「新しい建築の五原則」により構成されている。
1933年に、フィンランド、パイミオに「パイミオのサナトリウム」が完成した。

パイミナのサナトリウム.jpg

この作品は、北欧においてモダニズム建築が台頭するきっかけとなった建物である。

1935年に、ロシア、ヴィープリに「ヴィープリ図書館」が完成した。

ヴィープリ図書館3.jpg

本来は、この建物が北欧においてモダニズム建築が台頭するきっかけとなったはずであったが、「パイミオのサナトリウム」が先に完成した。第二次世界大戦で爆撃を受けて10年以上放置されていたが、1991年から修復を開始し、20年以上の歳月をかけて2013年にオープンした。

次回は、1935年以降の作品を紹介します。

今回は、「Wikipedia」他を参考に紹介しました。

☆参考
        ●アルヴァ・アアルトの本

○もう一つの自然   ○アルヴァ・アールトの建築  ○建築ガイドブック 

       

        ●ゴディバのチョコレート


        ●小樽ルタオのケーキ


posted by 墨水 at 09:30| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする